北海道旅日記J 〜屈斜路湖・網走巡り〜 後篇B (8月10日)


博物館網走監獄を後にした僕は
一度町に出て海沿いに北に進んで行きます。
しばらくして能取(のとろ)半島に入って行き、
海に大きな島が突き出ているとこに行くと
次の目的地、「オホーツク水族館」に着きました(^^
ここには流氷に見られる「クリオネ」がいるのです☆

入場料を払い中に入るとまずアザラシが出迎えてくれます(^^
プールの中をゴマフアザラシなどが元気に愛嬌のある顔で
泳いでいます(^^)そういえば、タマちゃんはどこへ行ったんでしょうね(・・?)

そこから僕はなかなか館内に入らずに外の檻にて飼われている鳥のとこへ行きました。
そこには北海道に生息するワシやエゾフクロウなどがいました。


ふくろうはアイヌの人たちの中でも
とても縁起の良い動物として大切にされているんですよ(^^☆

そしていよいよ水族館内に入るとまず一番人気のクリオネの水槽があります。
やはり人もたくさんいて、なかなか観れないのでしばらく待っていました。
そして人がいなくなって水槽に近づいてみると、いましたいましたかわいいクリオネが!


クリオネはフラッシュ使ってはいけないので上手く撮れなくて・・(^^AA
これじゃわからないでしょうから、綺麗な写真をどうぞ(僕の撮った写真ではないですが)


さて、このまさに天使のような姿で泳ぐクリオネですが、
いったい何の仲間だと思いますか?
魚でしょうか、それとも動物でしょうか。
実は、クリオネは貝の仲間なんです!!
わからないものですよねぇ〜これが貝だなんて・・

そして次は″海のUFO″と呼ばれるフウセンフオです(^^
形がとてもユーモラスでかわいいですね。



この写真は大きくしてありますが、
実際のフウセンウオは小指ほどの大きさだったんですよ(^^

今度は一転して恐い顔のオオカミウオです。



どれも北海道の寒い海独特の生き物です(^^
他にもこのオホーツク水族館では
北の海ならではの生物を見ることができますのでいろいろ見ました。

そそ、
僕の大好きなカワウソもいました(^^
カワウソってかわいい〜〜☆☆
なんであんなに愛嬌のある顔してるんだろ(#^^#)
しばらく眺めていました。

そして館内を出ると、大きなプールの中に
海のギャングと呼ばれる「トド」がいました。
なぜ海のギャングと呼ばれるのかというと、
漁師さんの網を破ってしまうからだそうです(^^A
それだけに体も大きい!
3匹いましたが、顔を出したときに「バオーーッ」っと大きな声で唸ります(^^AA
その内の一番大きなトドが潜ったと思ったら、僕たち観客のすぐ真下からガバッっと上がって来て、
「バオーーーッ」って吼えるので驚いたのなんのって(^^AAAA
面白かった(^^☆

そしておみやげ屋さんに行ってクリオネの携帯ストラップなど、
いくつかクリオネグッズをおみやげに買いました。

そしてオホーツク水族館を後にしてそのまま能取岬へ行きました。

でも、残念ながら雨だったんですよね。。。
たぶん晴れてたらもっと綺麗な景色だと思うのですが・・・

それから僕は能取岬を後にしてさらに北へ向かいます。
国道238号線を走ってサロマ湖へ向かいました。
そこにはガイドブックに載っていた、船長の家というレストランがあるからです。
ここで海の幸をいただこうと思っていました。
ところが・・・夕方の5時ぐらいに着いたのですが、営業終了の文字が・・・(−−;;
終わるの早すぎです。。(><)
おなかペコペコの僕はそのままさらに北へ向かって進みましたが、
なかなか食事できるところがありません。

そそ、途中でこんな蒸気機関車がありましたよ。

なぜそこにあるのかわからなかったけど(笑)

でもようやく7時ごろにレストランを見つけて入りました(^^; ほっ。。
そこで僕が注文したのは「サケいくら丼」です(^Q^)☆
わ〜い美味しかったですよ〜♪♪

おなかがふくれた僕はさらに北へ北へと走りました。

紋別を超え、興部(おこっぺ)、雄武(おうむ)、枝幸(えさし)、
浜頓別(はまとんべつ)と進んで行きました。
浜頓別にさしかかるころにはすでに深夜の12時ごろになっていました。

さらに進んで猿払(さるふつ)というところあたりになると
この旅で初めての出来事に遭遇したのです!
なんと車の前にキタキツネが飛び出してきたのです!(^^A
あぶなかった〜引きそうだったよ・・(汗)
それからはスピードをぐっと落として走りました。
そこはキタキツネが多いところなのか、その後もキタキツネと遭遇し、
なんと5匹ものキタキツネに遭うことが出来ました(^^♪
かわいかったよ〜♪♪
一度は写真に撮ろうと車から降りて近づいていったんですけど、
海岸の方へ走って逃げていきました。
残念・・。

そして休憩所を見つけたのでトイレ休憩しようとしたらなぜかそこにこんなものが。



これ、なんだと思いますか?
重さは4トンあります(^^A

なんとこれは ほたての化石 なのです(爆)
この辺で見つかったみたい。

そこから少し進んで宗谷岬まであと少しという峠道の休憩所で
僕はその日は寝ることにしました。
この日8月10日は旅日記を3回に分けて書くほど充実した日でした(^^)

いよいよ翌日は・・・・☆



つづく
 

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー