北海道旅日記C 〜十和田湖・ねぶたまつり〜 (8月5日)

朝は携帯のアラームで目覚めた。
10時ごろに起きて寝ぼけながら準備。
まずは青森市に向かって出発します(^^
前日の夜にまず青森市内に入ってからおまつりの場所を確認、
車の駐車場も確認していたのです。

そして30分ぐらいで青森市内に入りました。
青森市街に向かって進路変更。
すると道路脇にねぶたまつりの看板がいくつも見えてきました(^^
『ねぶたまつり会場↑』こんな感じでね。
さらに今度は『ねぶたまつり臨時無料駐車場↑』と書いた看板があります。
もうワクワクしてきました☆
しばらく走ると道路沿いにスーパー銭湯がありました。
会場も近いようだし、ここにあとでお風呂に入りにこようと計画^^

会場まであと少しだと思われる場所までくると道路標識に、
十和田湖行きの表示があります。
実は十和田湖にも行ってみたかったんです。。
もう即決して十和田湖に行くことに決定(笑)
距離は50qぐらいだったし、
行って帰ってくれば4時ぐらいには青森市街に帰ってこれるだろうと計算。

進路を十和田湖に向かって走っていくと山の方に入って行きます。
十和田湖はカルデラ湖ですから山の中にあるのは当然ですしね。

カルデラ湖と言うのは火山の爆発によってできた噴火口に水がたまり、
湖になったものを言います d(^^

山を上っていくほどに道は狭く険しくなってきます。
ずーーーっと上ってばかり。。十和田湖はかなりの高さの山にあるみたい。
すると奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)というところに来ました。
ガイドブックで見たとこです。ものすごく綺麗な場所☆
行ってみたいな〜とは思ってました(^^
道路沿いに美しい渓流が流れています。
窓を開けると天然のクーラーに冷やされた、
さわやかな風が流れ込んでくるではないですか(′▽`)♪
川沿いには観光者が散策できる遊歩道があり、多くの人が歩いています。
僕もこの川に触れてみたくなり道路沿いの駐車スペースに車を止めて
川沿いを歩いてみました。
写真を撮る人、絵を書いている人、観光客いろんな人が
渓流の流れを楽しんでいます。
僕も写真を撮りました(^^


さらに上流に上っていくと滝があります。「雲井の滝」という名前がついてました。


30分ぐらい渓流沿いを歩いて楽しんでから車に戻り、
十和田湖を目指して再び走り始めます。

さらに道は険しさを増しますがどんどん上っていきます。
するとやっと十和田湖畔に出ました。
十和田湖畔駐車場に入ります。
車を降りて周りを見渡すとお土産屋さんや食事のできるとこがたくさんあります。
少しおなかがすいていたので、
売っていた焼ききりたんぽを買って食べました。美味かった〜(^Q^)
ここではガイドブックに載っていた、ヒメマスを食べたかったのですが、
どこのお店を見ても1500円以上もする高いものばかり(><)
ちょっと高い。。あとでお祭りで何か食べるからいいかぁ〜。

十和田湖と言えば、「乙女の像」
乙女の像とは、十和田湖のいちばん奥まった場所に、詩人でもあり、
彫刻家の高村光太郎作の一対のブロンズ裸婦像で、
昭和二十八年秋、国立公園指定十五周年記念事業として建立されたものです。
そこを目指して歩いていきます。
湖のほとりは砂浜になっていてまるで海のようです(^^



砂浜を歩いていくと多くの観光客が集まっている場所に来ました。
乙女の像です(^^



その奥に高村光太郎の乙女の像に対する詩が彫ってありました。
なんだか意外と可愛げのないこと書いてまして、
「何年でも建っていろっ」てなことを書いてます(*≧m≦)プッ
もうちょっとロマンチックな言い回しできんかな〜

そして駐車場に戻って十和田湖をあとにしました。
先ほどの道を戻ります。もちろん奥入瀬渓流もまた通ります。
再び綺麗な空気が吸えるんだな〜って、思っていたのですが!!
お昼を過ぎて、観光客が倍増していました。
観光バスとかが何台も来て、撮影ポイントなんかでは大渋滞しているもんだから
排気ガスでくっさ〜〜〜〜いい!!(TT
せっかくの渓流が台無しだよぉ〜(><)
しょうがないと言えばそれまでですが、なんとかならないものですかねぇ。。

そしてこの先の峠道にさしかかったころ、僕は強い眠気に襲われてしまった。。
もうやたらに眠くて何度首がガクッっと落ちたことか。。(^^;;;
危うくガケから転落しそうでした(^^AAA
それでも目をひんむいて運転しているとお土産屋さんの
休憩所があり、そこに車を止めました。
するとそこに一杯飲めば3年寿命が延びるというお茶が無料で配られており、
僕も飲みました。するとどうでしょう!
眠気がすっきりとなくなったのです(これほんと)
これで救われた僕は一気に山を下り、青森市街地に出ました。

青森市街に入ると臨時無料駐車場目指して行きました。
そして車を駐車してから僕はお風呂セットをもって、
来るとき見つけておいたお風呂へ歩いて行きました(^−^)
車で行くと、駐車スペースがなくなると困るからです。
ちょっと距離があったので30分ぐらい歩いたのですが、
途中から雨が・・・(^^;;;;;;;
次第に強くなった雨は僕のズボンをぐしょ濡れにしてくれました(><)
それでもなんとかお風呂にたどり着き、ゆっくりと疲れをとりました。
駐車場へ戻るころには雨も上がっていました。さらに、町の女の子が
ねぶた祭りの衣装を着て自転車に乗り、会場に向かっているではありませんか!!
僕の気分も盛り上がってきました☆

駐車場に着いてカメラを持って会場へGO!!
またまた20分ぐらいは歩いたかな〜
でも、そんな疲れもお祭りへの期待で吹っ飛びます(^^
すると途中から交通規制がされているところに来ました。いよいよだね。

見えてきました!!おおきなねぶたが!!
駅前の大通りに10台以上のねぶたがずら〜〜〜っと並んで、
祭りの始まりを今か今かと待っています。
意外なことに、このお祭りではまったく露店が出ていません。
その代わり、沿道のコンビニとか飲み屋さんとかが、独自にお店を出していたのです。
こういうのいいですよね!いかにも町が創るお祭りって感じで(^^)
そして歩道には折りたたみのイスがずら〜〜っと並んでいるのです。
このイスには○○様と名前が書いてあり、どうやら指定席のようです。
中には結構お高いお値段の席もあるようで、そこは座敷が組まれていました(^^AA
日が落ちるころに太鼓を打ち鳴らす音とともにお祭りがはじまりました!
大きなねぶたがいっせいに動きだします。
このねぶたは下がリヤカーのようになっていて、男たちが
何人もかかって押しているのです(^^ 大きいからね〜

「♪わっせらー!わっせらー! わっせーわっせー! わっせらー!!♪」

みんなで掛け声かけてねぶたが所狭しとねりあるきます。
そしてそのねぶたを誘導する人が(ひとつのねぶたに1人ついてる)
笛とうちわで合図するとねぶたがぐるぐる回り、沿道のお客さんのすぐ近くまで
ぐわぁーーっと迫ってくるのです!!


(この日は夕方に雨が降ったため、ねぶたの多くはビニールがかぶせてあった)


これはかぶせてない完全なねぶた。

大迫力です!!僕は震えがくるほどに感動していました。。♪♪

ねぶたはこのような迫力のあるものだけではなく、
缶ビールのものや、トムとジェリーやドラえもんなど、
いろんなものがあったんですよ(^^

このねぶた座席の値段の高いところには大サービスして、正面を向けて迫ってくるのです!
僕はその座席のそばでカメラを待ち構えていました(^^

他にもたくさん写真あるんだけど、
重くなりすぎてしまうのでお見せできないのが
残念・・

つぎつぎにやってくるねぶたに沿道のお客さんから声がかかります。
「回れ〜〜〜!!」「こっち向け〜〜〜!!」

中には道路に飛び出してねぶたを誘導する人まで出てきます(^O^)
それにも応えているのがとっても微笑ましくて僕はこのお祭りが大好きになりました。

他にもはっぴを着た老若男女が踊りまくって歩いていたのですよ(^^

夜の9時ぐらいになってお祭りも終わり、ねぶたがどこかへ向かって行きます。
実は僕、このねぶたがどこへ運ばれるのか興味があって、
しばらく追いかけて青森市街を歩いて行ったのです(笑)
しかし、かなり遠くまで行ってしまい、道に迷いそうでしたので途中で断念(><)
帰ることにしました。。

帰り道を歩いていてふと気がついたことが・・・
今日は朝からきりたんぽ1本しか食べていない!!
おなかがグーグー鳴いています(^^AA
駐車場に着いた僕は北海道へ渡るためのフェリー乗り場を
探して港の方へ向かいました。
すると大きなフェリーが見えてきた(^^
フェリーターミナルに入って、料金を確認すると、
車の全長と全幅によって、料金が違います。
僕の車ですとなんと函館まで片道で1万6千円(\\)
ひぇ〜〜
そんなにするのん (@@)ノ
ちょっとショックでしたが、しょうがない。
とりあえず、食事して寝ないと。
フェリーターミナルの中にもラーメン屋がありましたが、
気分はごはんが食べたかった。
そしてしばらく車を走らせてるとコロナがあるではありませんか!
しかも深夜だというのに、映画もやってるし、お寿司屋さんも営業してる(^O^)
期せずして2日連続のお寿司になってしまいました(^^AA
17皿食べたよ(笑)

そして食べ終わった僕はなんだか映画が観たくなりました(*≧m≦)プッ
だって、、1000円だったし〜☆

観たかった「猫の恩返し」を観ることにしました(^^
開始時間は深夜の0時・・
お客さんは僕を含めてたったの4人(*≧m≦)プッ
しかも、ここのコロナの映画館はめちゃ豪華!!
みなさん、青森に行ったときは行ってみてください深夜までやってます♪
夏休みだからかな(*≧m≦)プッ

映画は最初にいきなりギブリーズが始まって異様な感じがしましたが、
辛いカレーを食べるお話などはなかなか面白かったよ(^^
猫の恩返しも面白かった(^^
バロンがかっこいい☆

映画を観終わったのは深夜の2時。
僕はコロナの近くにある空き地に車を止めて寝たのでした。
大満足の1日でした。。


つづく

 

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー