〜出逢い〜


平成11年1月の夜、買い物に出かけた。
食料品を買ったついでにジャスコの敷地内にある大型雑貨店に入りました。
ここにはペットショップもあり、しょっちゅう足を運んでいたのです。

その日、熱帯魚コーナーの前にある透明ケースの中に
子うさぎ(ミニうさぎ)が6匹ほど入荷していたのです。
これまでいろんなペットを飼ってきましたが、うさぎを飼ったことはありません。
ふ〜ん、うさぎかあ〜・・
うさぎはミニうさぎという種類らしい。
まだまだ小さい子うさぎたちはみんなで体を寄せ合ってえさを食べたり
水を飲んだり、遊んだり、、見ていてほほえましい姿でした。

その時、その中の1匹のうさぎが目にとまりました。
その子だけ、体の色が綺麗なグレーです。
僕はこの時はグレーとは思わずシルバーと感じていたんですけどね。
目が大きくぱっちり開いて整った顔立ち。
明らかに他の子うさぎたちとは違いました。
そしてその子と僕の目が合ったのです。
その子うさぎは僕の方へ近づいて来ました。
プラスチックケースの中から僕に向かって何か語りかけるようなその姿に
僕の心は一瞬にして奪われた。。

この子と一緒に暮らしたい・・・



でもうさぎは飼ったことがありません。
飼い方がわからないので、ペットコーナー担当のおばちゃんに
うさぎの飼い方を聞いてみた。

何がいるの?
えさは何を食べるの?
ミニうさぎって書いてあるけど、どれくらい大きくなるの? などなど。

その飼いかたはけっこうハムスターと似ている。
この時僕は数年前からハムスターを飼っていたのでうさぎもいけるかも・・・と思いました。
しかもハムスターに比べると大きいから部屋に出して
いつもスキンシップがとれそう♪

ちょっとサイフの中身に不安があったけど、
小屋とえさとトイレとうさぎの値段は持っていた金額でギリギリ足りたのです。
もう飼うしかない!
この時すでに僕は名前も決めていた。
初めて見た時に思った毛色から「ぎん」と。
この時ぎんちゃんはオスのケースに入っていたんですよね、
だから男の子だと思ってました。(2年後に女の子と判明)
こうしてぎんちゃんを買った僕は心はずませ家路につきました。
ただ、家に帰る途中、自分の計算より安かったことが気になっていましたが・・・



 つづく





第2話 出逢い 2
  第3話 うさぎの知識

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー