北海道旅日記D 〜雨男 北海道上陸〜 (8月6日)


ねぶた祭りの夜から一夜明けて僕は
真っ先にコロナへお風呂に入りにいった(笑)
昨夜は歩き回ってずいぶん汗をかいたし、
目と鼻の先に温泉があるんだもん(^^
ここのお風呂の脱衣所には自販機があったのですが、
懐かしいビン入りのコーヒー牛乳があるのです(^^)
これが美味い(^Q^)/
風呂上りのコーヒー牛乳はサイコー♪♪

その後、コロナのトイレに入りました。
そこで僕は初体験しちゃったのです(#^^#)
何って??
それはウォシュレット  (*≧m≦)プッ
一度経験してみたかった☆
するとそれは、、 か・い・か・ん  (*≧m≦)プッ
くせになりそう・・・(/▽\)
帰りにもう一度ここに来ようと決心しました(爆)

コロナから出た僕は何か食べようと思い、その辺をぶらぶらと散歩した。
するとマクドナルドがあったので、マックで朝食。
久しぶりだ〜。マックで唯一好きなテリヤキマックバーガーの
バリューセットを注文した。お決まりのスクラッチが付いていたのですが、
削ってみると当たり〜☆3等のパンケーキが当たりました〜☆
ハンバーガーを食べ終わったら早速交換してもらった(笑)
これが美味い!マックでこんなに美味しいと思ったのは初めてかも(失礼!)
思いっきり得した気分でした(#^^#)

それから早速、昨夜確認したフェリー乗り場へ行った。

フェリーターミナルに入り乗船手続きをすると、
僕が乗ろうとした時間は(12:55)すでに予約がいっぱいだった。
でも、キャンセル待ちをすることにしたのです。

フェリーの出航10分前にようやくアナウンスがかかり、
耳をすませて聞いていると僕の番号も呼ばれた!
乗れるんです(^O^)/

慌てて駐車場に走って行き、車に乗り込むと、フェリー乗り場へGO!
次々に乗り込む車の最後尾につけて少しづつ進んでいきます。
そして入り口の係員に乗船券を見せて車をフェリーに乗り入れました。
指示に従い、車を順番に止めていきます。
船内の中央に車が、その左右にバイクが駐車されていきました。
車の中にいてはいけないので、階段を登って客室へ行くと、
客室はイスではなく、座敷でした。
そこにはすでに予約して、先にフェリーに乗り込んでいた人たちが
み〜〜〜んな寝転んでいる(^^AAA
そのために、僕が入り込む余地は無かったのです(;;)
(他にも大勢の人が座ることもできずに困っていました・・)
しょうがないので外に出ることにしました。
海の景色も見たいしね(^^
そしてフェリーが動きだします。
とうとう本州を離れて、北海道の函館へ向かうのです!!
この時はなんとも言えない感動と期待で溢れていましたね(^^



青森港を船が離れて行きます。。(^O^)/~~~
函館までの約3時間40分の船の旅です。

しだいに青森港は見えなくなりましたが、船の両サイドには下北半島と
津軽半島がしばらくはず〜っと見えていました。
どこかのお父さんが下北半島を指差して子供に言っていました。

父「あれが恐山だぞ」
子「恐山って、何?」
父「死んだ人の幽霊が出るんだ」 
子「ふ〜ん、、怖いね。。」

違うと思うんだけど・・、お父さん・・・・・(^^AAA

フェリーの後ろにはかもめが飛んでいます(^^)
青森港から飛んで着いてきていたんです。
そしてお客さんがかもめにおやつなどをあげようと手を伸ばしています。
するとかもめは上手に滑空しながら パクッ っと、おやつを食べました♪
慣れたものです。
子供たちが喜んでおやつをあげていました(^^
僕はその場に座って3時間40分の航海をず〜っと海を見て過ごしていました(^^
この時はね、天気よかったのです(笑)海の上だけはね!

暖かい日の光に包まれ次第に眠りに落ちていきました。

「北海道が見えたぞ!」
誰かの叫び声で目が覚めました。
立ち上がって見ると進行方向に北の大地が見えてきました〜☆
あれが北海道。まだ見ぬ憧れの土地。
再び感動・・。

でも、、北の大地の上空に雲がかかってる・・(^^AAA
なんだか嫌な よ・か・ん   (*≧m≦)プッ

すると船内アナウンスがあり、車に乗って待っていてくださいとのこと。
下に降りて、車に乗り込み指示を待ちます。
この時間が結構長い。15分ぐらいは待ったかな。
ようやく前方の車が動きだして、フェリーを降りました。
そして僕は港を離れた。僕はすぐに車を止めて、車の窓を開けて空気を吸った(笑)

ん〜これが北海道の空気か(^^ (爆)

とりあえずどこへ行くか?しばらく地図を見ながら考えた。
よし! とりあえず札幌へ行こう!

札幌には前の会社のお店があり、そこの店長とは結構仲が良かったし、
札幌のお店を一度見てみたかったから。
それに北海道の中心都市の観光もしてみたかったしね(^^

函館から札幌行きの標識を見て、国道5号線を走っていきます。
北海道の道路はあまりくねくねとしてない。
まっすぐです。そして車の台数が少ない。
つまりスピードが出る! だいたい80キロぐらいは常に出せますね。
気分よく走っていると前方でパトカーにつかまっている車が・・(^^AA
あぶないあぶない・・。
飛ばし過ぎないように注意しましょう。

それから森というところで休憩しました。
ここの道の駅の裏には大きな公園があり、緑がいっぱい!
なんと空気の綺麗なことか・・
しばらく森林浴をしてから再び車を走らせます。
すると海岸沿いに看板が!

『うに・いくら丼』    ( ̄¬ ̄ )ジュル・・・

迷わず車をお店の駐車場に入れた(笑)
北海道に来たら、やっぱり海の幸を食べなきゃね!
僕は「うに丼定食」を注文した。
うに丼にミニうどんとお吸い物、
ほたてのバター焼きがついています(^^
2000円なり〜

しばらく待っていると出てきました!うに丼が!( ̄¬ ̄)( ̄¬ ̄)
どんぶりごはんの上にうにがたっくさん乗っててその上に
ちょこんとわさびが乗ってます♪
まずは何もかけずにうにをそのままお口へ・・・
とろ〜りとろけるうにの味♪う〜ま〜い〜ぞ〜!!(byミスター味っ子)
その後はしょうゆをかけていただきます。うどんも美味かったし、
ほたてもサイコー(^Q^)ごちそうさまでした♪♪大満足☆

エネルギー補給した僕はさらに車を進めます。
八雲、長万部(おしゃまんべ)、
と進んで行きます。しかし、予想どうり雨が落ちてきました。
しかも車に向かって虫がたくさんあられのように当たってきます(^^AAA
そういえば、以前、北海道の友達が夜は虫がたくさんいるって言ってた。
道路脇には『動物飛び出し注意』の看板があります。
さすが北海道。

しかし、、道路には灯りも無いし、人もいないし、
お店も営業してない。。すでに営業終了しているところばかり。
たまに小さい町に入ってもコンビニぐらいしか灯りはついてません(^^AA
このときに思いました、北海道を移動するときは、
ガソリンを満タンにしてからにしようと。

さらに小樽を通過して夜の0:00ごろに札幌に着いた。
さすがに札幌は大きな町でしたね(^^
僕は地図を見ながら、前の会社のお店を目指して走りました。
30分後ぐらいにはなんと迷うことなくお店に着いてしまいました(^^
さっそく店内に入ってお店の中を見て回りましたが、
店長はいない。バイトの女の子に聞いてみると今日はお休みとのこと(^^AA
「また明日来ます」といってお店を出た。

さて、どこで寝ようか・・・。。
しばらく町をさまよっていると支笏湖(しこつこ)行きの標識が。
よし、支笏湖へ行こう!(笑)距離は約45キロ。
ちょっとしたドライブ気分。
しかし、この道、やたらとカーブが多く、地元の走り屋たちが
ビュンビュン走っているのであまりのんびりと走れなかった(^^AA
なんとか支笏湖に深夜の2時ごろに着いて、
湖畔の休憩所に車を止めて寝ました。


つづく

 

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー